老後のことを考えて包茎手術をする高齢者が多い?

老後のことを考えて包茎手術をする高齢者が多い?

老後のことを考えて包茎手術をする高齢者が多い?

 

包茎手術を受けるのはやはり性行為の時に恥ずかしいと考える若年層が多いと思いがちですが、ある程度年のいった人でも老後のことを考えて包茎手術を受ける人が多いことをご存知でしょうか。仮性包茎だと、特に子供を作ることや生活上の支障はありません。結婚して子供を作って、その子供も大きくなってくると、もう性器のことも考えなくなるでしょう。

 

しかし、自分の親や知人の介護を見ていると、年をとって自分の老後に、他人に介護してもらうときに尿瓶にペニスを入れづらいのではないか、それ以前に見られるのが恥ずかしいではないか、と考える人もいます。下の世話をされるようになった時に、包茎だと不便な思いをさせるのではないかと心配する方も多いのです。そのため、ある程度高齢の方が包茎手術を受けることになるのです。

 

このように考える人は決して少なくありません。いくつになってもコンプレックスは治しておきたいものです。まして現代では他人に見られる可能性が高いのですからなおさらです。包茎手術は余っている皮を切る手術ですから、特に体力が必要なわけではありませんし、高齢の方も恥ずかしがらずに老後のために包茎手術を受けておいてはいかがでしょうか。麻酔を使った手術ですので、痛みは無く日帰りでの帰宅が可能となっています。費用も専門クリニックで10万程度で済みますのでローンを組むまでもないでしょう。

 

包茎であるということを多大なストレスであると感じている人は多いようです。女性に笑われたらどうしよう、同僚に見られたら恥ずかしい、感染症が心配、など挙げだしたらキリがありません。

 

こうしたストレスから解放されるために、包茎手術というものがあります。ところが、包茎手術を受けることもストレスに感じる人もいるのです。予約をする時から恥ずかしく思い、当日もクリニックに入るところを見られたくない、中で人に会ったらどうしよう、医師やスタッフに笑われるのではないか、と考えてしまいます。

 

しかし、これは考えすぎです。包茎手術を受ける人はたくさんいますし、包茎手術専門のクリニックであれば医師やスタッフは全員男性の場合が多いです。また、多くのクリニックでは待合室等でほかの人と会うことも無いように配慮されています。包茎手術をする側もサービス業として意識が高まってきているのです。迷わずに包茎手術を受けて、包茎であるというストレスから解放されてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ